2015年2月18日水曜日

James Turrell と IBIZA サンセット

James Turrell
というアーティストをご存知でしょうか?

日本での制作活動も多いので知ってる方も多いと思います。
知らない人ために解説。

ちょっと不思議な紹介を。



彼の美術館への道のりを紹介したYoutubeです。

場所はアルゼンチンのへんぴな場所にあります。

もちろん行った事はないです。行く気もなえます。

でも一度は行ってみたいなぁ。





光そのものを扱うアーティスト、ジェームズ・タレル。

日本では、直島の地中美術館がおすすめです。

地中美術館
http://www.benesse-artsite.jp/chichu/index.html

直島全体に色々な作品が点在してますが、地中美術館をメインに訪れるのも悪くはないね。
次回はそうしよう。

ジェームズ・タレルですが、まだまだ現役で活動中です。

ローデン・クレーターって場所で世界一おおきなランドアートまで製作中です。
行ってみたい。

webより引用

米国のアリゾナ州にある死火山の噴火口を買い取り、1979年より20年以上の歳月をかけてとりくんでいるジェームズ・タレルのライフワークともいえる作品。直径およそ300メートルの、すり鉢状になっているクレーターの底に寝そべって空を見上げると、あたかもプラネタリウムの天球を眺めているかのような感覚を得ることができます。

この作品では、数万年先の天体の動きまでを計算した設計となっており、製作者であるタレル氏が死去した後でも、施設が維持されている限りは、この地を訪れた後世の人々が天文イベントを楽しむ事が出来るようになっています。

うーん、スケールがでかい。

そうですね、光を扱うのは人間基本的な行為だと思います。
太古の昔から日を崇めて、火を扱ってきた訳ですから。

光はすばらしい。
光りあっての闇ですから。

なので、僕は夕焼けが大好きです。

日が沈む太陽を背にすると、おおきな夜が迫ってきていて、
「ああ、夜がやってきた。」赤から青へ、そして濃紺へと変わる空を観るのが好きです。

別にどこでもいいと思います。
夕焼けが観れれば。

東京はちょっと厳しいかもですが、それでも赤い空はキレイでいつ観ても、いいもんですね。

イビサで夕日と言ったら cefe dal marなんですが。特におすすめはしません。w


たしか、ミニマムで一人50ユーロとか頼む条件で席についたり、でてくる料理がすげーまずかったりと、がっかり感満載なので、行きたいって思いがある人以外はずばりやめておきましょう。
イケテルとしたら、隣にあるCAFE MANBOがいいんじゃないかな。
いろんなスターDJがお忍びでまわしたり、人気とともに活気があって、席をもうけてお金を使う価値もありだと思います。同じ夕日を同じ角度で観る訳なので、盛り上がってるほうがいいでしょう。


それでも、湘南海岸が豪華になっただけ感は否めないので、もっとイビサ的なのりを安易に得られるのが、Sunset Ashramですね。





観てのとおり、自然を生かした建築はやさしく、夕焼けも静かな海にすばらいい音楽ともに沈んでいきます。
オーガニックが好きな人も、ここはおすすめ。もともとヒッピーが多い島なのでこういうオーガニックテイストのレストランも多いのです。
観光でくるなら、このぐらいへんてこりんなお店で夕焼けを楽しむのもいいでしょう。
下のビーチも綺麗なので、夕方から日が沈む20時ぐらいまで遊ぶのがおすすめです。

でもですね。
こういうお店は観光地であって、絶景ポイントはだいたいデッカい別荘に押さえられています。

そうなってくると、ES VEDRAって岩(一応、超パワースポットというか地場が強いとのこと。)と一緒に夕日を観れるスポットだったりとか、どんどん発掘していくわけですよ。


こうなってくると、絶対人がいて、ひとりでしんみりとはいかないものです。
なので、もう山の中とかバイクでガンガンいって、絶景スポットをみんな探し出す訳ですよ。自分だけの夕日スポットを。

はい。おれも何カ所かあります。
だれも連れて行っていない場所もあります。

はい、ひとりで行って、好きな人の事とか想うためっすよ。
あとは、夕日を観るとまた明日から頑張ろうと思う〜とか言って人生の主人公ぶってみたりするためです。

それと一緒にシークレットビーチも人それぞれ、大事な場所を隠してると思います。
狭い島なのに、隠された場所が満載で宝探しのような感覚がたまらないのかもしれないですね。
油断すると、ひでーゲットーな場所で倒れてたり、すげーリッチな場所でゲロはいてたり。とんでもない景色をみてしまったり。一夏でほとんど家からでないおれでも、メイクドラマを強制的にしてしまうぐらいなので。


だいぶそれた。

光ですね。
こういう暖かい光を浴びて生活したいものです。
蛍光灯も好きですが、ヨーロッパの暖色を中心とした光にはホッとします。とくにスペインは乾燥しているので建物も白と暖色を中心としてます。そういったところでも、太陽の光と影が茶色い景色とコントラストを出していく姿もまた魅力ですね。

光と仲良く、大事に戯れて今後の糧としたいものです。

夕日もいいけど、島国なので、朝日の格別です。
そして、月も海に沈んだりするので、やたら満月、新月は気になってきます。
海の満ち潮からも影響も大きいので、月の光と引力も特別な感がありますね。

フルムーンパーティーもニュームーンパーティーも多いに楽しい。
自然と戯れつつ、一夏乗り切る地元民です。

では。


























About