2015年2月12日木曜日

Girls Award と VJ

Girls Award
http://girls-award.com/

日本が誇る巨大ファッション&エンターテインメントパーティー。
毎回、旬なアーティストのライブと十代〜二十代前半の女性の心をわしづかみにするブランドラインアップのファッションショーがメインの巨大パーティー。



 えっ?パーティー?

そう、パーティーです。
不思議な響きですが、制作、提供している側はこの感覚で行っています。

無数の人間の感情が交差しまくる会場とそれを彩る色とりどりのSHOWはまさにパーティーそのもの。出音も代々木第一体育館で最高で最大の音質音量です。

ある人がずばりなことを言っていたなぁ。
フェスで言うと、東京ガールズコレクションはWIREで、ガールズアワードはメタモルフォーゼだ。って。

なので、こんな俺がVJとして呼ばれている訳です。

このライブの様子は一応録画しているのですが、表に出せないので直接観ていただくしか無いのですが、ちゃんとVJしてます。w

普通はですね、アイドルだったり曲が決まっているものは同期させた映像が便利なんですよ。俗に言う、ポン出しというものです。
映像を曲の頭に合わせてポンっとボタンを押して出すからポン出し。

でもね。
Girls Awardはパーティーで、おれはVJなんでちゃんとミックスしてます。
だから、照明も出音も一日のパーティーの流れにそっていて、アーティストのタイムテーブルも絶妙に組まれていて、VJも流れの中にそった演出をその場の空気感にとけ込ませて、いかに演出するかにかかっています。
前回の2014/OWではなんとかとけ込んだ演出ができたように思います。

うーん。なに言ってるんだろう?と思うかもですね。
細かく言うと
だいたい毎回、9アーティストぐらいを順番に担当するんですね。
1アーティストはだいたい2〜3曲です。

間にファッションショーが入ります。

一日の公演はだいたい15時に始まって21時に終わります。
なので、必然的に映像の演出も最初から飛ばしていく訳には行きません。
抑えめに始めます。
お客さんが盛り上がってきたら、それに合わせていきます。
はい。
クラブの演出と一緒な訳です。

最初のアーティストからお客さんの入りがよくて盛り上がる事もある訳です。
また、盛り上がらないときもある訳で、そういう雰囲気をつかんだ映像演出が重要だと考えてます。
なので、人力ミックスな訳ですよ。
効率も悪いし、ミスしたときの代償も大きくて怖いのですが。
流れの中にはまったときがヤバいのでw 楽しんでやっております。

【華原朋美】『I'm proud』ライブ映像 ガールズアワード Girls Award2013 Spring/Summer

http://www.wws-channel.com/fashion/girls-award2013_ss/kaharatomomi.html

あとですね。
いろんな素材も出すんですが、いつもよりシャープだったりサイケデリックだったりポップだったりとビビットに出してる気もします。LEDだからって言う理由もあるとおもうのですが、俺を使うってもらってる理由が、日本や海外のアンダーグラウンドシーンでやってることの感性を持ち込んでほしいということだったので。遠慮なくやってるし、やらせてくれる制作側に感謝ですね。

これ、不思議なものでね、MUSIC ONとかで練習して身につけたテクニックってGirls Awardでも確実に効果があるし、逆もまたしかりなんですね。

去年はイビサのMUSIC ONのクロージングパーティー終わって次の日がGirls Awardっでした。四日の間にNIGHTMARES ON WAXの後にマルコ・カローラ、日本に帰って乃木坂46でMAY.J。面白いものです。

それでも、やってることは変わらないので、日常生活はその時期はギャップにやられまくるってるはずなんですけど、VJブースに向かってるときだけは落ち着きます。

あと、コアなシーンをまたいで行くと、常に発見があり、次の目標も定まるので楽しいです。そういう場を与えてくれる皆様に感謝です。

なんの話だっけ。
そうそう。
今度のGA2105 SSは是非遊びにきて下さいね。


まぁ、チャラいの大好きなんで。w
こういう仕事たまらなく好きです。

解説





最近こりにこってる超キラキラ
演出。
照明と音とボーカルにあわせて、ひたすらキラキラ。



観てるファンの女の子は、キュン氏確定。
この技は、是非ライブで観てほしいです。マジ自身ありですよ。


ちなみに写真は韓国で人気急上昇中の5人組ボーイズグループのNU’ESTです。

バラード系はいいんですよ。じわっとできて。

だいぶ完成してきたんで、あたらしい要素も入れやすいんですけど。




これは乃木坂46の「何度目の青空か?」の場面なんですけど。
こういうアイドルも、イケテマす。おそらくどんなファンもキュン氏確定。
とくのこの曲でのVJは、昨年の中ではピカイチのできばえで自身満々。
てんぐとん。


でもですね。きゃりーちゃんみたいな、キメ打ちのおおい曲は人力むずいっす。
瞬時に状況判断して合わせるのはむずいっす。
そういうところは柔軟に決めうちしていきつつ、オリジナルな展開を見せていきたいものですね。
要反省。

でもこれも貴重な体験でした。自分へのフィードバックを楽しんでます。

ではまた。
ご清聴感謝。

とん




About